らぶらいぶろぐ(ただの日記)

ラブライブ!に関することを雑多に書き綴っていきます。

【WATER BLUE NEW WORLD】幕間の補完アニメが個人的に3rdライブ最高の演出だと思いました【青空Jumping Heart】

本日は3rdライブ終盤の幕間の補完アニメが最高なんだよっていうことを書いていきます。

 

f:id:tonnbonnbo00:20180620181802j:plain

 

その幕間アニメというのがWATER BLUE NEW WORLDと青空Jumping Heartの合間に流れる新規アニメになります。

 

アニメ二期では描かれていないラブライブ決勝のWATER BLUE NEW WORLDの直後のお話。

WATER BLUE NEW WORLD後の楽屋でのメンバー同士の会話シーン→優勝者としてもう一曲披露のアナウンス→青空Jumping Heartへというのが大まかな流れです。

 

正直、2期アニメをやっていたときはここカットしちゃうのかあ...もったいないなあ...なんて思っていたんですがこういうことだったんですね...まさかライブで補完してくるとは...

キャストのパフォーマンスからアニメの世界へと移り、キャラクター達の心情が描かれ、そこからまたキャストのパフォーマンスに戻ってくるっていう流れがまさにラブライブという感じがして、これが紛れもない二次元と三次元の融合なんだなって感動しました。

個人的には今回のライブで最高の演出がここの幕間アニメだったのかなと思ってます。

 

ここの流れに関してはやはりアニメ二期ありきではあるのでここでキャラクター達がラブライブ決勝の舞台でどんな想いを抱いているのかをここであえてライブの中で初解禁させたっていうのは個人的に感動が大きかったです。

 

アニメ一期の曜ちゃん回であったようまりのぶっちゃけトークのところが立場逆転して再利用されていたりだとか、風化しつつあったダイヤちゃん呼びがここで回収されていたりだとか、キャラクター達に感情移入してしまう掛け合いが多かったなって思います。

今までの展開を思い出して感慨深くなるそんなアニメーションでした。

キャラのことを思いつつも、やっぱりキャストが行うライブ中なのでキャスト達がここまで歩んできた道のりというのも思い出してしまってさらに感慨深くなってしまいました。

 

だからこそここの演出は本当に素晴らしいものだったなあと感じます。

 

見れてない人いたらぜひ見て欲しいなあ。

キャストについてはノータッチていう人もいつか見て受け入れてくれるといいなあって思います。

 

ということで感想おわり