らぶらいぶろぐ(ただの日記)

ラブライブ!に関することを雑多に書き綴っていきます。

Solo Live! collection の海未ちゃんのジャケットイラストで妄想が捗った話。ありがとうほのうみ

先に言っておくとアニメ次元という前提で妄想してました。

 

Solo Live! collection のジャケットイラストを眺めてた時のことです(今更ですが)

キャラクターそれぞれの思い思いの場所が背景になっていたようなのですが海未ちゃんだけなんでこの背景?ってなったんです。

なので理由を考えていたらいくつか気づきを得ました。

 

肝心のジャケットイラストがこちら

 

f:id:tonnbonnbo00:20180302151153p:plain

 

 

 

背景は廊下。

 

なんで廊下????

これが最初の感想でした。

 

なので色々考えてみました。

何故廊下なのかということを。

 

なんて考えてたら三つぐらいポイントを見出しました。

 

その三つが

①差し込む夕日

②廊下の分かれ道

③海未ちゃんの居る場所

 

自分なりの妄想を文章にしていきます。

 

まず一つ目が差し込む夕日

夕日はオレンジ色ですよね。

オレンジ色と言えば高坂穂乃果ちゃんのイメージカラー

そして海未ちゃんは夕日の方に目線が言っています。

これはいつも穂乃果ちゃんを見ていたということを表しているのではないでしょうか。

小さい頃から穂乃果ちゃんが先導して海未ちゃんがそれについていくという。

いつも穂乃果ちゃんの背中を見てきたということを。

海未ちゃんからすると憧れの存在でもあると思います。

だからこそここでも夕日(穂乃果ちゃん)を見ている。

海未ちゃんの穂乃果ちゃんへの思いの強さが表れているカットだなあって思いました。

なんなんですかこのほのキチ(褒め言葉)

海未ちゃんは穂乃果ちゃんのことを見過ぎです。

大好きが溢れすぎです。

こんな時にまで穂乃果ちゃんのこと考えてるなんてほのキチにもほどがあります。

きっと写真撮られてる最中ずっと頭の中穂乃果畑ですよこの娘。

これはもう紛うことなきほのうみ案件です。

早く結婚するべきだと思います。(過激派)

 

はい次

 

次が廊下の分かれ道

廊下は廊下でも一本道じゃないあたり何か意味があるのかなって思いました。

そこで出たのがμ'sとして超えてきた試練の数々。

おそらくいくつもの難関を乗り越えてきたμ's。

色々な道を乗り越えてきたということで曲がり道があるんじゃないかなと思いました。

後はこれからのSomeday??とかも思いました。(廊下あるいてたなあっていうだけ)

分かれ道についてはこんな感じですかね。

 

最後が海未ちゃんの立っている位置。

屋内(夕日が当たる外ではなく)というところと廊下の曲がり道の先にいることがポイントなのかなって思います。

屋内にいるというのが夕日に当たらない、穂乃果ちゃんに頼りっきりの自分ではなくなったということを表しているのではと。

そして曲がり道の先にいるのはこれは真っ直ぐの道を歩み始めた。自分の道を歩み始めた海未ちゃん。μ'sが一区切りを迎えて新たな一歩のスタートであるということ。

というようなことをあらわしているんじゃないでしょうか。

道と捉えるということが廊下であることの最大の意味なのかなと。

 

というのが僕の妄想によって出されたこのイラストに込められているであろう意味です。

 

ちょっとまってこれめちゃくちゃいい話じゃないですか...?

ほのうみ案件だし、海未ちゃん自身の成長の表れを感じ取ることもできるし海未ちゃん推しとしては最高オブザ最高なんだよなあこれ

そして表情もいいんだなあこれが。

ちょっと儚げな表情で。

μ'sが一区切りを迎えるからこその表情。

穂乃果ちゃんともっと一緒にスクールアイドル続けたかったなあみたいな感情も含んでそうですよね。

ほのうみのオーバーフローですよこれ。

ほんと早く結婚して... 

 

とまあこんな感じでこのイラスト一枚で妄想が捗りました。

ありがとうほのうみ。